健康

心を強くするには、ココを強くするのが一番の近道! 誰でもできる、メンタル強化方法

すぐにクヨクヨしたり、迷ったり、悩んだり。

そんな自分も人間だもの、愛おしいと思えたらいいのですが、「自分は心が弱い」と思っていて、自分のことが好きじゃないと思ってしまう人。

色々な心を強くする情報を仕入れて試してみようと思うものの、なんだか複雑に思えてできない…。

そんな人は、ココを強くすることで、かなり改善できます。

今回はそのシンプルな方法をお伝えしますね。

心と身体は繋がっている!心を強くするココとは…

心が弱っているときというのは、ズバリ「考えすぎ」による脳の疲労です。

心というものは、胸のあたりにあるイメージですが、実は「脳内で考えていること」の形容です。

私たちの脳は毎日毎日、休みなく情報を処理し、身体に指示を送り、スーパーコンピューターに負けないほど働いています。

クヨクヨしたり、迷ったり、悩んだりすることは、脳が考えていること。

そんな疲労した脳に、さらに「考える」ような対処法を与えても、「もう疲れて考えたくない」となるのは当然といえるでしょう。

心と身体は繋がっています。

ひどい熱が出て寝込んだときに、ふと「このまま死んでしまうかもしれない」と思ってしまい、涙が出るほど気弱になった経験ありませんか?

反対に、風邪気味で身体は少ししんどいけれど、気力がみなぎりやり遂げることが出来た、といったような経験もあるのではないでしょうか?

このように、心と身体は繋がっています。

厳密にいえば、身体は脳が管理しているから、といえますね。

そうです、心を強くするために強くするココ…とは、身体のことなのです。

身体を強く丈夫にすれば、折れない心を作っていくことが可能です。

あなたがあなたらしく生きるための第一条件は「健康」であること

今の時代は、健康を害するものに溢れています。

ですから自分の身体は自分で守らなければいけません。自分の身体を守るということは、自分の心を守ることにもつながります。

身体の一部が脳であり、身体全体の細胞が健康であれば、脳細胞も健康ということになります。

あなたがあなたらしく生きるために最も必要なものは、「健康」です。

どんなに幸せでも、健康でなくなれば、一瞬にして幸せとは言えなくなるでしょう。

地位を得て、収入も高く、人から成功者と呼ばれるようになった人が、一番に力を入れて取り組むようになるのが「健康への取り組み」だそうです。

健康でなくなれば、地位も収入もなんの意味もない、ということだからでしょう。

「健康」は健全な心を育てる

健康を維持するために最も邪魔なものはストレスだと言われています。

ストレスは、さまざまな病気を生み出します。実際、100年ほど前にはなかった病名がどんどん増えてきているように思います。それは、現代がストレス社会だからではないでしょうか?

この怖いストレスを生み出しているのは、実はあなたの受け取り方です。

事実に対する思考(受け取り方)を変えることでストレスが軽減され、前向きに生きるパワーがみなぎることで幸せな人生に変えていくことができます。

幸せな人生は「自分が自分の人生を創っている」という自信を感じることで得られます。

そして自信がついてくれば、身体を害するストレスを持つ可能性が低くなります。なぜなら自分の中で芯が整って軸ができ、そして信念を持つことができるからです。

こうなれば、これまでのようなクヨクヨ、ウジウジ…といった弱い自分ではなくなります。

迷いや不安も、受け取り方が変わるので、ずいぶん少なくなるでしょう。

ですから、心を強くするために身体を健康にしていくことが大切だということがお分かりいただけたでしょうか?

健康な身体を手に入れるために食生活を見直そう!

 食事は人間にとって生命を維持するために欠かせないものです。

しかし、食事が健康を害しているということはよくあります。

そのため、「心が弱い」と感じているあなたが健康な身体と心を手に入れるために、今実践すべきことは「食事の見直し」です。

あなたの身体は、あなたが口にした食事で作られているのです。

カロリーよりも、栄養を取り入れることに重点をおきましょう。

旬の野菜を食べる、バランスよく食べる、時間を決めて食べるなど、今すぐできることから実践しましょう。

それでもなかなかすべての栄養を身体に取り入れることが難しいのであれば、サプリメントの力を借りるのも方法です。

また、水分補給も重要です。人間の体はほとんどが水分でできていて、体内では水の循環が起きています。水分をあまり摂らないと、有酸素運動をしても汗はうまく出ませんが、水分をちゃんと摂れば、発汗して体内の毒素を出すことができます。

よく毎日2リットル水を飲むと良いと言われていますが、それくらい水分をしっかり摂ることによって、血液やリンパの流れがよくなり体温も上昇します。体温が上昇すれば、代謝も上がるため老廃物の排出を促します。

栄養と水は、健康になるための最低限の取り組みです。

心が強い人はよい睡眠をとっている

睡眠は、身体の回復力や免疫力を高める効果があります。

人は眠っている間に身体と脳のメンテナンスをしているのです。

眠れない人は、考え事をしすぎているということがよくあります。

心の弱い人は考えることが多いので、睡眠不足傾向である人が多いのですが、睡眠不足が身体にいいわけがありません。

ですから、良質な睡眠をとるように工夫しましょう。

おすすめは、寝る1時間前くらいから眠る準備をすることを習慣化することです。例えば心を落ち着けるヒーリング音楽を聴いたり、間接照明などのうす暗い部屋でストレッチをしながら身体を寝る状態にしていく、などです。

ベッドに入ってすぐに眠ることができれば、色々余計な心配事を考える必要はなくなりますね。

 適度な運動でセロトニンを出すことで幸福度が上がる

適度な運動によってセロトニンを出すことで、ストレスを解消することができます。

セロトニンとは、幸せホルモンとも呼ばれ、心の安定を保つ脳内ホルモンです。

このセロトニンを出す方法でお勧めなのが太陽の光を浴びることです。

休日にゴロゴロして時間を持て余すなら、外に出て太陽の下でウォーキングなどをしてみてください。

「幸せホルモン」であるセロトニンが欠乏すると、ネガティブになったり、眠れなくなったり、さまざまなうつ症状が起き、自分に自信を持てなくなります。

セロトニンがしっかり出れば、不安よりも希望に満ち溢れてくるでしょう。

ゆるぎない強い心は、健康な肉体あってこそ

心が弱っているな、と感じたときは、まずは自分の身体のチェックをし、メンテナンスを行いましょう。

身体が健康であれば、どんなことにも向かっていけます。

また、自分の身体をいたわることで、自分自身を思いやり、愛する気持ちも強くなるでしょう。

身体をいたわること、それは自分の心をいたわることです。

もっと自分を大切に扱ってあげようと思えるようになれば、強い心で自分の人生を幸せに創造していくことができるようになりますよ!

この記事の監修医師

心理カウンセラー 月野 るな

ルナリバティ代表

女性の自立支援活動を行う中で、身体と精神のバランスが人生に与える影響に着目。溝口式分析学を学び、心理カウンセラー、バイオリズムコーディネーター、ポテンシャルアナライザー、ヒューマニティプロファイラーのライセンスを取得。

精神面と肉体面の細胞パワー(バイオリズム)を活用し、ビジネス・ライフスタイルにおけるアドバイジングを行う。

ブログ
https://ameblo.jp/tsukino-luna/