健康

原因のわからない「めまい」「耳鳴り」にはコレ!ココロとカラダを整えるオススメのツボ

このめまいは、自律神経の乱れ?それともメニエール病?

CO鍼灸整骨院の小林です。

 

原因がわからない症状って、たくさんありますよね。

日本人の10人に1人が、原因のわからない耳鳴りを感じていると言われています。

突然あらわれる、フワフワするめまい、グルグルするめまいも、原因がわからなかったりします。

原因がわからないって、コワいですよね。

そういう場合、多くが自律神経の乱れ、いわゆる自律神経失調症とまとめられてしまいます。

 

めまい、耳鳴り、難聴でよく診断されるメニエール病も、原因がわからないときの総称だという見方もあります。

メニエール病の特徴といえば、何の前ぶれもなく起こる、回転性のめまいです。

このめまいは、30分~数時間つづくことがあり、めまいと一緒に、吐き気、嘔吐、顔面蒼白、脈がはやくなるなどの症状もともないます。

また、耳がふさがった感じ、耳鳴り、聞こえにくくなるといった、耳の症状も同時にあらわれる場合があります。

 

めまいの原因はメニエール病にあり、とよく言われてきましたが、じつは、めまいを起こす人の多くが、「首や肩の筋肉の緊張」を訴えています。

一概にメニエール病とは言えない可能性がある、ということです。

 

頭を動かしたり、首をまわしたりすると、めまいが起きてしまう人は、メニエール病というよりは、血行や自律神経が関係している、と言われるようになってきています。

事実、そのような症状の場合、メニエール病という名称を使わず、「頸性めまい」と認識する医師が増えているようです。

 

イイコトばかりのツボ押しで、症状をしっかり観察

ですから、自律神経失調症やメニエール病など、大きなくくりに惑わされないで、しっかりと自分の症状を観察することが大切になります。

 

めまいを起こす人の多くが訴えている「首や肩の筋肉の緊張」について、そもそも体重の10%程度の重い頭を支えている場所ですので、トラブルが起こりやすいんです。

 

そんなとき。まずは、イイコトばかりのツボを刺激してみるのがオススメです。

自律神経の乱れ、血行不良を整えるツボを刺激すれば、思いのほかめまいや耳鳴りがすっかり改善されることも。

 

①耳門(じもん)

 

耳門は、耳の穴を隠すように盛り上がっているところにあります。

盛り上がっているところを押してみると、少しヘコんでいる場所が見つけられると思います。そこが、耳門です。

指の腹をそっと当ててみてください。ドクドクと脈を打っているのがわかります。ここには動脈が通っているんですね。

 

耳を代表するツボで、耳鳴り、難聴をはじめとする、耳の疾患全般をカバーしています。

動脈が通っているポイントを刺激するので、血行を促進させるのにもうってつけです。

耳は身体の平衡感覚もつかさどる器官。耳門を刺激することで、頭がスッキリすることもありますよ。

 

②翳風(えいふう)

 

耳たぶの裏がわの少し上にあるのが、翳風です。

押してみると、耳の奥のほうにズーンと沈むような鈍痛があるので、見つけやすいと思います。

 

耳だけではなく、顔ぜんたいに効果的なツボだと言われています。

刺激しづらい顔の血行をまんべんなく促進させるので、顔のむくみ解消、顔のくすみ改善にもオススメです。

 

耳門と翳風は、耳に栄養を送る血管が通っている場所です。

つまり、刺激することで直接的に、血のめぐりが改善されるんですね。

 

③太谿(たいけい)

 

内くるぶしのとなり、アキレス腱とのあいだにあります。触ってみると、少しヘコんでいます。

めまい、耳鳴りとは遠く、関係のないツボのように思われるかもしれませんが、じつはとても重要なツボなんです。

 

太谿は、心臓からもっとも遠いところにあるツボのひとつ。

もっとも離れた位置にも関わらず、血行を促進させて、グイグイと心臓に血液を戻していくツボなんです。チカラ強いツボなんですね。

 

身体ぜんたいの血行を促進させるため、自律神経が整ったり、冷え性が改善されたり。イイコトばかりのツボが、太谿なのです。

 

ツボ押しは、ココロとカラダを整える

東洋医学では、「心身一如(しんしんいちにょ)」という考え方があります。「心と身体は、つながっている」という意味です。

 

喜ぶ、怒る、哀しむ、楽しむ、といった喜怒哀楽。

強い感情や心の変化が、体内の働きにも影響を及ぼし、ときには体調を崩してしまうこともあります。

 

最近では、この考え方もずいぶんと浸透してきたように思います。

 

ツボを刺激することは、症状の改善はもちろん、気持ちのリフレッシュにもつながっています。

気持ちを穏やかにしたり、リフレッシュしたりするには、合わせてストレッチもオススメです。

 

ツボを刺激しても、めまいが改善されない。

そんな場合は、ガマンせずに病院で検査を受けてくださいね。

この記事の監修医師

鍼灸師 小林 由樹

学生時代から京都・大阪・神戸の診療所で多くの患者様を診させていただき、さまざまな治療を学ぶ。平成15年からは母校の医療法人 城見会 アムス柔道整復師養成学院に入社。学院付属の『アムスジオ鍼灸整骨院』にて管理者を勤め、平成18年に(株)コ・メディカルを設立。
平成19年3月にCo.鍼灸整骨院を開業し現在に至る。

協力:CO.鍼灸整骨院
http://sk.co-medical-oike.net/