健康

食事

40代の体調の異変は「更年期障害」が原因?症状・原因・対策を解説

「40代に入ってから、なんとなく体の不調を感じることが増えた」という悩みを持っている方は多いかと思います。これらの不調の原因は、更年期障害かもしれません。そこで今回は、更年期障害が起きるメカニズムや代表的な症状、予防改善方法などについて解説します。

 

更年期障害とは

 

更年期障害とは、閉経前後の45歳〜55歳前後に起きる体の不調を指します。不調の出方は人それぞれで、まったく出ない方もいれば起き上がれないほど辛い症状を抱える方もいます。代表的な症状としては、のぼせやほてり・めまい・不安感・全身の倦怠感・不眠・手足の冷えなどがあります。

 

更年期障害の原因

 

45歳〜55歳前後の閉経にともない、卵巣の働きは低下し、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の分泌量が急激に減少します。エストロゲンは、月経や妊娠にとって欠かせないホルモンであるとともに、乳房や性器の成長を促したり肌や髪をつややかにしたりなど、女性らしい体をつくる役割をしています。

 

しかし、閉経にともなってこの分泌量が急激に減ることによって、これまでエストロゲンによって調整されていたさまざまな機能が働きづらくなります。そのため、脳はエストロゲンをもっと分泌するように卵巣に指令を出しますが、卵巣の機能そのものが低下しているため、分泌量を増やすことができません。すると、脳はいわばパニック状態になってしまい、自律神経のバランスが乱れたり心身に不調をきたしたりするのです。

 

また、45歳から55歳前後というのは、年齢的にもさまざまな変化が訪れやすい時期でもあります。例えば、職場でえらい立場になって仕事が忙しくなったり、親の介護が必要になったり、子育てで悩みを抱えていたり。ライフステージが変化し、何かとストレスが増えやすい時期だと言えるでしょう。女性ホルモンの減少にともなう体の変化・不調にこういったストレスが加わることで、更年期の症状が悪化してしまうこともあります。

 

更年期障害の症状

 

更年期にあらわれる体や心の変化・不調は、多岐に渡ります。下記に代表的な症状を取り上げますが、すべての症状が必ず出るわけではありません。人によっては全く症状が出ない人もいれば、強い症状に悩ませられる人もいます。また、ここに当てはまらない不調を抱えている人もいるかもしれません。更年期の症状は、人によって千差万別だということを覚えておいてください。

 

  • 知覚系

知覚過敏・全身のかゆみ・手足のしびれ・アリが這うような感じ

 

  • 神経系

頭痛・めまい・耳鳴り・物忘れ・倦怠感

 

  • 精神系

不安感・憂うつ感・集中力の低下・判断力の低下・不眠

 

  • 運動器系

肩こり・腰痛・筋肉痛・関節痛

 

  • 自律神経系

のぼせ・ほてり・動悸・冷え・息切れ

 

  • 皮膚

肌の乾燥・湿疹・過剰な発汗

 

  • 分泌系

唾液の分泌異常・口の乾き・ドライアイ

 

  • 消化器系

食欲不振・喉のつかえ・吐き気・膨満感・便秘・下痢

 

  • 泌尿器・生殖器系

月経異常・頻尿・残尿感・性器下垂・性交障害・外陰部のかゆみ

更年期障害のセルフチェック

 

更年期症状セルフチェック

40代になって、「最近なんだか体調が悪い」「病気というかんじでもないけど、なんだか調子が出ない」という方は、更年期にともなう心身の変化・異常があらわれ始めているのかもしれません。

以下の10項目に当てはまるものが多い場合は、更年期障害の可能性が疑われます。

 

・疲れやすさや、体のだるさがある

・すぐイライラしたり、怒りやすい

・顔が突然ほてる

・熱くないのに汗がでる

・顔や手足が冷えやすい

・動悸や息切れを感じやすい

・気分が落ち込んだり、不安になったり、憂鬱で何もする気になれない

・頭痛やめまい、耳鳴りを感じる

・生理周期が不規則になったり、経血の量が少なくなった

・肩こり、腰痛、手足の痛みがある

 

更年期障害の病院での治療方法は?

 

不安がある方は医療機関に相談を

上記の症状に当てはまるものが多く、日常生活や仕事などに支障をきたしていたり、今はそれほどではなくても「今後もっと症状が悪化していくのでは?」と不安に感じたりした方は、一度医療機関で相談してみると良いでしょう

 

更年期障害の診療は、婦人科や女性外来などで受けられます。血液検査で血中のホルモン濃度を調べるほか、その他の婦人科系の病気(子宮筋腫や子宮内膜症・子宮ガンなど)のチェックを行うこともあります。その結果、エストロゲンの低下が認められ、かつ症状が他の疾患が原因で起きているのではないと判明した場合、必要な処置や治療が行われます。

 

現在更年期障害に対して行われている治療には、ホルモン補充療法などがあります。これは、減少したエストロゲンをホルモン剤で補うというものです。自律神経の乱れが原因で起きる症状や閉経後の骨量の減少を予防する効果が期待できます。このほか、不安感やイライラ感が強い方には安定剤の処方や、不眠に悩まされている方には睡眠改善のためのお薬の処方なども。あわせて、生活習慣や運動習慣・食事の改善指導なども行い、更年期の心身バランスを整えていきます。

 

更年期障害の症状とよく似た症状を持つ疾患もある

更年期の症状の中には、ほかの疾患で生じる症状とよく似ているものもあります。例えば、のぼせやほてりは、バセドウ病や高血圧・心臓病などでも生じることがあります。また、めまいや耳鳴りは耳鼻科系の疾患やメニエール病の疑いも考えられます。心身の不調をすべて「更年期のせい」と思い込まず、症状がひどい方は病院で検査を受けることも大切です。

 

更年期障害の改善・予防方法は?

 

前項で、病院で受けられる更年期障害の治療についてご紹介しましたが、これらは症状を抑えるための対処療法であり、明確な治療法が確立されているというわけではありません。また、病院での生活や運動・食事などの改善指導がなされていることからも、不調を予防改善するためには生活習慣の見直しがとても重要だといえます。

 

適度な運動

適度な運動習慣をつけることは、更年期の症状の予防改善につながります。血流改善や筋肉量アップ・骨や関節の強化にもつながり、更年期以降の美容と健康維持にも役立つはずです。ウォーキングやジョギング、おうちの中でもできるヨガや筋トレなどもおすすめです。特に最近は外出自粛や在宅勤務などの影響もあって運動不足に陥りがちな方が多いかと思います。ぜひ日々の運動習慣をつけるようにしましょう。

 

食生活の改善

栄養バランスのとれた食事を心がけ、しっかり食べることも大事です。特に積極的にとりたい栄養素としては、ビタミンEがあげられます。ビタミンEには、血行を促進し手足の冷えを予防したり、ホルモンバランスを整えたりする作用があるといわれています。ビタミンEを多く含む食材は、オリーブオイルやアーモンド・ヘーゼルナッツなどのナッツ類・モロヘイヤや小松菜などの緑黄色野菜などです。こういった食材を積極的に食事に取り入れましょう。ただしビタミンEの過剰摂取は体調不良を引き起こすおそれもありますので、摂取量には注意が必要です。

 

睡眠の改善

更年期障害の症状として、不眠や寝付きの悪さを感じる人は少なくありません。良質な睡眠をとれるように、就寝前に湯船につかって心身ともにリラックスできるようにする・就寝環境を整えるなどの工夫を。

 

外出・趣味などでストレス解消

精神的なストレスは更年期の症状の悪化を招きやすいとされています。「ストレスを感じない」というのは難しいかもしれませんが、ストレスを溜め込まずに発散できる機会を作るのは工夫次第で可能です。今はあまり外出できない人も多いかと思いますが、おうちの中でもできる趣味を見つけて、ストレス発散・リラックスできるようにしましょう。

 

更年期障害に適した漢方やサプリメントの摂取

更年期の不調は、漢方やサプリメントの摂取で改善されることもあります。また、症状が発症する前から長期的に摂取することが予防につながるとされています。近年では、エゾウコギが更年期障害の改善に有用な食品である可能性が示唆されました。詳しくは以下の記事をご覧ください。

「エゾウコギ食品の更年期不定愁訴および骨代謝改善作用について」

 

まとめ

更年期障害は、45歳から55歳前後の女性によく見られる心身の不調です。人によって症状や程度はさまざまですが、ひどい方は寝込んでしまったり日常生活に支障をきたしたりするケースも。更年期障害の予防改善のために、ぜひ食事改善や生活改善を早めに行いましょう。また、つらい症状でお悩みの方は、一度婦人科や女性外来で診察を受けることも検討してみてください。