健康

当てはまる人は注意。動脈硬化のチェックポイントと発症の原因、改善法とは?

心筋梗塞や脳梗塞・脳卒中など命をおびやかす重大疾患の引き金となっているのが、動脈硬化です。動脈硬化は、40代以降の人が注意したい症状のひとつ。特に肥満気味の方・たばこを吸っている方・血圧が高い方は発症リスクが高いと言えます。今回は、動脈硬化の原因や動脈硬化が招く疾患・動脈硬化の予防改善策について解説します。

 

動脈硬化とは

 

動脈硬化のメカニズム

動脈」とは血液を心臓から全身に送り出す血管のことです。動脈は、内膜・中膜・外膜の3つの層から成り立っています。そして、その中心部分を血液が流れています。

 

動脈が強く弾力性がある状態であれば、血液がスムーズに流れ、体の隅々にまで酸素や栄養素を運ぶことができます。しかし、悪玉コレステロールなどの血液の脂質が動脈に溜まったり(これをプラークと呼びます)、高血圧などのせいで血管に負担がかかったりしていると、動脈の内壁が狭くなり、血液の流れが悪化。また、動脈は弾力性を失い、もろくなっていきます。

 

さらに、プラークの表面が破れた場合、動脈内に血栓が生じます。すると、血管が詰まって心筋梗塞や脳梗塞を招きやすくなります。

 

こういった一連の状態を「動脈硬化」と呼びます。

なお、動脈硬化のリスクが高い部位は、起こりやすい順に、大動脈・脳動脈・冠動脈・心臓・脾動脈・腎動脈とされています。

 

動脈硬化は無症状で進行する

動脈硬化の怖いところは、自覚症状が出ないことです。動脈硬化というと、中高年以降に起きるものと思われていますが、正確にはそうではありません。動脈硬化は実は10代から始まっています。それが水面下で徐々に進行し、40代頃になって症状が現れてくるのです。

 

動脈硬化のチェックリスト

 

以下のチェックに多く当てはまる方は、動脈硬化のリスクが高いと言えます。

 

・年齢が男性で45歳以上、女性で55歳以上

・タバコを毎日吸っている

・肉類が好きで野菜はほとんど食べない

・運動をほとんどしていない

・ストレスを溜め込んでいる

・血圧が収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上である。

・BMI値が26、5以上である

・甘いものが好き

・塩辛いものが好き

・お酒を毎日飲む(日本酒1合以上、ビール500cc以上、ウイスキーグラス1杯以上)

・頭痛が頻繁に起こる

・感情のコントロールが昔に比べて下手になった

・朝食を食べずに夜ドカ食いをする

・最近のどが渇きやすくなった

・物忘れが多くなってきた

 

心臓と脳の病気の原因に。動脈硬化の危険性

 

血管と血液は、人間の生命活動を支える要ともいえるもの。その血管と血液に起きるトラブルである動脈硬化は、さまざまな重大疾患を招く引き金となります。

 

  • 心臓の病気

・心不全

・狭心症

・心筋梗塞

 

  • 脳の病気

・脳梗塞

・脳出血

・くも膜下出血

・認知症

 

  • 大動脈の病気

・大動脈瘤破裂

 

  • 下肢の病気

・下肢閉塞性動脈硬化症

 

動脈硬化の原因。5つの危険因子とは

動脈硬化は、血管の壁に悪玉コレステロールなどが溜まって血管が狭くなることで生じます。このような状況をつくる要因としては、以下があげられます。

 

【特に関連度の高い、3大危険因子】

  • 高血圧

高血圧は、動脈の硬化を進める危険因子です。高血圧を招く原因はさまざまですが、塩分のとりすぎや肥満は重要ファクターとされています。前述のチェックリストにもありますが、血圧が収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上の方は要注意。

 

  • 高脂血症

高脂血症とは、血液中の脂肪分が高い状態を指します。血液中の脂肪分のうち、増えると動脈硬化を招くのは、総コレステロール・悪玉コレステロール・高トリグリセライド(中性脂肪)血症・Lp(a)・レムナントなどです。反対に、減少すると動脈硬化を進めるのは善玉コレステロールです。

 

  • 喫煙

たばこは動脈硬化と非常に高い関連があります。喫煙によってニコチンやタール・一酸化炭素が体内に入ると、動脈硬化が起こりやすくなることがわかっています。また、喫煙によって血が固まりやすくなり、血栓症を起こすリスクも上昇します。さらに、喫煙は他の危険因子にも影響し、総コレステロール値や悪玉コレステロール値を高め、善玉コレステロール値を下げてしまいます。

 

【関連度が高い2つの危険因子】

  • 肥満

肥満も動脈硬化のリスクファクターのひとつです。特に怖いのは、内臓まわりに脂肪がたまる内臓脂肪型肥満です。内臓脂肪型肥満になると、内臓の脂肪細胞から血管を傷つける物質が分泌され、血管に炎症が起こり、動脈硬化が進行するとされています。また、肥満の人は血液中の脂肪が過多になりやすく(高脂血症)、さらに高血圧や糖尿病も合併しやすいと言えます。

  • 糖尿病

糖尿病の患者さんは、糖尿病でない人に比べて動脈硬化が起こりやすいとされています。また、糖尿病になると、高血圧などの他の危険因子もしばしば見られるようになります。

 

このように危険因子を見ていくと、それぞれ相互に関係していることがわかるかと思います。危険因子が増えれば、雪だるま式にリスクも高まっていくというわけです。

 

動脈硬化の改善方法

 

動脈硬化を予防するためには、前項で説明した5つの危険因子を排除することが重要になります。そのために、以下のポイントを心がけてください。

 

禁煙

喫煙は動脈硬化の強い因子です。喫煙は、動脈硬化のみならず、さまざまな疾患を招きます。また、吸っている本人だけでなく周囲にいる人を受動喫煙による健康被害のリスクにさらしています。たばこを吸っている方は、禁煙を。ご自身で禁煙するのが難しいと言う方は、禁煙外来を頼るというのもひとつの方法です。

 

肥満の改善

動脈硬化を防ぐためには、肥満改善が必要です。肥満の程度を示す指標にはBMIが用いられます。

 

【BMI値の出し方】

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

・BMI値19.8~24.2=正常範囲

・BMI値24.2~26.4=過多体重

・BMI値26.4以上=肥満

 

※日本肥満学会の基準より

 

この計算をもとに、まずはご自身の体の状態を知り、肥満気味であれば食生活改善や運動で肥満の解消を。

 

食生活の改善

動脈硬化を予防するための食事として重要なのは、「甘いものを控える」「野菜中心のメニューにする」「主食の量を減らす」の3点です。

 

・甘いものを控える

甘いお菓子や甘いジュースには、砂糖がたくさん含まれています。砂糖は体内での吸収率が高く、とりすぎると高血糖を招きます。高血糖は中性脂肪やコレステロール値を高くするので、動脈硬化の危険因子となりえます。普段から間食をする人・飲み物を選ぶとき甘いジュースや清涼飲料水を取る人は注意が必要です。

 

・野菜中心のメニューにする

野菜に含まれる食物繊維は、腸内で糖質や脂質の吸収を抑制してくれます。特におすすめなのは、キノコ類や葉野菜。海藻類も食物繊維が豊富でヘルシーなのでおすすめです。単純に食事の量を減らすとなると辛いですが、野菜中心のメニューに切り替えるのであれば、ちゃんと満腹感も感じられます。「献立に肉類がないと寂しい」という方は多いかと思いますが、最初は少しずつでもいいので野菜中心のメニューに慣れていきましょう。

 

・主食の量を減らす

白米や麺類・パン・パスタなどの主食は糖質を多く含んでいるため、肥満を招きやすいと言えます。毎回の食事の主食量を減らしましょう。

 

適度な運動

動脈硬化予防のためには、強い血管をつくることも大事です。そのためには、運動習慣が必要不可欠。中でも有酸素運動がおすすめです。有酸素運動を行うことで、血流が良くなり血管の細胞が活性化、血管のしなやかさを保つ効果があるといわれています。1日30分〜1時間を目安に、ウォーキングやジョギングを行うようにしましょう。「息が上がらない程度、おだやかに継続できる程度の速さ・負荷で行う」というのがポイントです。

 

病院での薬物療法も

運動や食事などの生活習慣の改善をしても血中のLDLコレステロール値が改善しないような場合は、薬物療法が行われることもあります。

 

健康をサポートする食品の摂取

動脈硬化の予防改善には、健康をサポートする食品の摂取もおすすめです。普段の食事メニューの見直し・運動と合わせて、補助的に活用することで効果が期待できます。

下記でクロレラの動脈硬化作用について解説していますので、あわせてご覧ください。

「クロレラの抗動脈硬化作用についてのヒトを対象とした研究」

 

まとめ

年齢を重ねるとともにリスクが高まる動脈硬化。進行すると、心筋梗塞や脳梗塞といった命をおびやかす重大疾患につながることもあります。しかし、早めの食事改善や生活改善・運動習慣によって発症リスクを下げることも可能です。すべてを完璧に行うのは大変かもしれませんが、できることから少しずつ始めてみてください。