健康

下痢・軟便が続くのはなぜ?原因と解消のためのポイント

「いつも軟便気味である」「下痢が続いている」

人にはなかなか相談しづらい排便に関するお悩みですが、軟便や下痢に悩んでいる方はとても多くいます。職場や電車などで急性の下痢に見舞われて困った経験がある方もたくさんいるのではないでしょうか。

そこで今回は、軟便や下痢の原因や対処方法・日常生活でできる解消のためのポイントを解説します。

 

下痢・軟便の種類とは

 

軟便や下痢と一口にいっても、その種類や原因はさまざまです。まず大きく、急性の下痢と慢性的な下痢に分けることができます。

 

急性の下痢

急性の下痢とは、その名の通り突然下痢になることです。普段は普通の便なのに、何かの拍子に突然下痢になった場合、その原因としては、まずは胃腸が弱っていることが疑われます。油っぽいものや辛い物を食べたりアルコールをたくさん摂取したりした後は、胃腸に負担がかかり下痢気味になることがあります。

このほか、発熱や強い腹痛・吐き気や嘔吐を伴う場合には、ウイルス性胃腸炎や細菌性胃腸炎(食中毒)などの可能性もあります。

 

慢性下痢

普段から慢性的に便がゆるい(軟便)や下痢をしているという方もいるかと思います。その原因としては、食生活によって胃腸が弱っている・慢性的なストレスによって自律神経のバランスが乱れている・薬の副作用などが考えられます。また、クローン病や過敏性腸症候群・潰瘍性大腸炎といった病気の症状である可能性もあります。

 

下痢・軟便の原因は?

 

下痢や軟便になるメカニズム

何らかの原因によって腸の「ぜん動運動」が異常に活発になると、腸の内容物は腸内を通常よりも速いスピードで通過します。すると、本来されるはずの水分吸収が十分行われず、水分の量が多い状態の便が排出されることになります。これが下痢や軟便です。

このほか、腸内環境が悪化している場合も、水分を多く含んだ便が排出されやすくなります

 

下痢や軟便になる原因

 

【急性の下痢の場合】

・暴飲暴食

お酒の飲み過ぎや食べ過ぎによっても、下痢を引き起こすことがあります。お酒をたくさん飲んだ後に下痢をしやすくなるのは、アルコールの作用によって腸内の水分や電解質の吸収が悪くなったり、糖や脂肪の分解能力が低下したりすることが原因です。

 

・食中毒

食中毒とは、食べ物や調理器具などに付着していた細菌が体内に侵入することによって生じる細菌性胃腸炎のことを指します。特に多いのは、カンピロバクター腸炎やサルモネラ腸炎・黄色ブドウ球菌腸炎・病原性大腸菌腸炎などです。十分に加熱していない肉類や乳製品や常温で放置された食品、細菌が付着したまな板や包丁・手指から感染します。細菌の種類にもよりますが、下痢だけでなく嘔吐や発熱などを伴うこともあります。

 

・水あたり

海外旅行などに行った際に起こりやすいのが「水あたり」です。十分に浄化されていない水や硬度の高い水を飲んだり、その水が使われた料理を食べたりすることで、胃腸に負担がかかり下痢や軟便になります。

 

・風邪

風邪を引いた際にも胃腸症状として軟便や下痢症状が出ることがあります。

 

・腸の炎症・病気

下痢の背後に、大腸がんや直腸がん・潰瘍性大腸炎・クローン病といった重大な疾患が隠れていることもあります。ただし、これらの疾患の場合、まず先に便秘症状があらわれ、その後軟便や下痢に変化することが多いとされています。

 

・ウイルス性胃腸炎

ウイルスに感染して胃腸炎にかかると、下痢をしやすくなります。ウイルス性胃腸炎として代表的なのは、ノロウイルス感染症やロタウイルス感染症・インフルエンザ感染症などです。ウイルス性胃腸炎は感染力も高いので、人から人にうつって大流行を招くこともあります。

 

【慢性的な下痢】

・食生活

体質によっては、乳製品や脂肪分の多い食品・香辛料などを食べると下痢をしやすくなる人もいます。

 

・消化不良

胃腸が弱っていて消化活動が十分にできなくなっている状態だと、下痢や軟便が起こりやすくなります。

 

・ストレス

精神的なストレス状態にあると、自律神経のうち交感神経が活発化し、そのせいで腸の動きが過剰になります。すると、下痢や軟便が現れやすくなります。

 

・薬の副作用

服用している薬の副作用によって、下痢や軟便になることもあります。

 

・過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは、特に明確な原因がないのに下痢が起きる病気です。慢性化しやすく、数ヵ月以上にわたって続くことも少なくありません。腸の動きは交感神経が活発化すると活性化するため、ストレス状態になると症状が出やすくなる傾向があります。大事なプレゼンの前や試験前・人前に出るときなどの緊張する場面や、転職やクラス替え・引っ越しなどといった環境の変化によって発症することもあります。

 

放置が危険な症状。下痢・軟便が悪化するとどうなる?

 

以下に該当する場合は、早めに医療機関に相談することをおすすめします。

 

  • 急に激しい下痢になった
  • 血便が出ている
  • 吐き気や嘔吐を伴っている
  • 発熱などの症状がある
  • 長期間下痢や軟便が続いている

 

こういった症状が見られる場合、大腸がんや直腸がん・潰瘍性大腸炎・クローン病・虚血性腸炎といった病気が隠れている恐れがあります。

 

下痢・軟便の解消方法とは

 

脱水症状にならないよう、水分をしっかり補給する

下痢が続くと、脱水症状を引き起こす恐れがあります。「水分をとると余計に下痢が悪化しそう」と思うかもしれませんが、それ以上に脱水症状の方がこわいので、水分補給はしっかり行いましょう。一度に大量の水を飲むとおなかへの刺激が強いので、少量ずつこまめに飲むことが大事です。

ただし、冷たい水や飲み物は胃腸への負担になる恐れがあるので、常温の水または電解質を含むスポーツドリンクがおすすめです。また、柑橘系のジュースや炭酸類は、刺激になりやすいので避けた方が良いでしょう。

 

胃腸への刺激を避けるため、消化に良いものを食べる

下痢が続いているときは、できるだけ胃腸に負担をかけにくい食事を心がけましょう。脂っこいものや肉類などは避けて、消化の良いうどんやおかゆ・具のない味噌汁・あっさりした和食などをチョイスしてください。アルコールの摂取も控えた方が良いでしょう。このほか、食物繊維を多く含む食材は腸に良いというイメージがあるかと思いますが、下痢をしているときは症状が悪化する恐れがあるので注意が必要です。

 

必要に応じて下痢止めを服用

突発的な下痢に見舞われた場合は、下痢止めの服用も有効です。水なしでも飲めるタイプなどもありますので、下痢をしやすい方は持っておくと安心かもしれません。ただし、ウイルス性胃腸炎や細菌性胃腸炎による下痢の場合は、ウイルスや細菌を体外に排出する必要があるため、下痢止めによって無理に下痢を止めるのはNGです

 

下痢・軟便の予防方法

 

暴飲暴食を控える

暴飲暴食をすると、消化機能に負荷がかかり、腸の動きが過剰になってしまいます。お酒の飲み過ぎ・食べ過ぎをしないように気をつけましょう。また、刺激のある食べ物や辛い物・人によってはカフェインや乳製品なども控えめに。

 

おなかを冷やさないようにする

おなかが冷えると、腸の動きは活発になります。冷えによる下痢・軟便を防ぐよう、おなかまわりを冷やさないように気をつけましょう。

 

ストレスを解消する

腸の活動と脳は密接な関わりがあります。脳がストレスを感じていると腸にも影響があり、軟便や下痢を引き起こすことがあります。ストレスをためこまずに、上手に発散しリラックスできる方法を見つけることが大事です。

 

腸内環境を整える

下痢や軟便でもなく、便秘でもなく、適度な硬さのある健康的な便を作るためには、腸内環境を整えることもとても重要です。腸内フローラバランスが改善するように、善玉菌を含む食品を食べることをおすすめします。代表的なのは、ヨーグルトなどの乳製品や納豆や漬物などの発酵食品です。ただし、乳製品をとると下痢をしやすくなる人もいますので、ご自身の体と相談してみてください。

 

サプリメントを摂取する

腸の働きを正常化する効果が期待できるサプリメントも、下痢や軟便に悩む方にはおすすめです。近年の研究では、エゾウコギには消化管運動調節作用があることが示唆されています。詳しくは下記の記事をご覧ください。

「エゾウコギ根抽出物による消化管運動調節作用」

まとめ

慢性的な下痢や軟便にお悩みの方は、食生活や生活習慣をあらためることで症状がやわらぐことがあります。今回ご紹介したポイントを参考にしてみてくださいね。急性の下痢に見舞われた場合は、発熱や嘔吐など下痢以外の症状の有無を確認のうえ、必要であれば医療機関を受診しましょう。