健康

シワの種類と発生の原因を解説。シワの改善と予防方法とは?

年齢とともに気になるシワ。ふと鏡を見た時に「いつのまにかシワが深くなっていた」と驚いた経験がある方は多いのではないでしょうか。また、「顔全体が乾燥してシワっぽく見える」「ほうれい線が深くなってきた」「目尻の笑いジワが消えない」などといったお悩みもよく耳にします。
そこで今回は、シワの種類とシワができる原因、シワの改善方法と予防方法などについてご紹介します。

シワの種類と原因

シワと一口にいっても実はいくつか種類があり、それぞれ原因が異なります。まずはシワの種類と原因を説明します。

乾燥シワ:顔全体にできるちりめんジワなど

年齢を重ねるとともに、コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸・セラミドといった肌本来に備わっている保湿成分は低下していきます。すると、肌が乾燥しやすくなり、肌表面のキメが乱れ、ちりめん状のシワができるのです。これが乾燥シワと呼ばれるものです。頬やおでこなど顔全体にでき、放置していると数が増え、深くなっていってしまいます。

このほか、気温が低い・湿度が低いなど、環境のせいで肌が乾燥してシワができることもあります。気温や湿度が低下すると、皮脂腺の働きが低下して肌の水分が蒸発し、乾燥状態に。すると、肌の潤いを守ろうとして肌の一番表面にある角層が厚くなり、ターンオーバーが一時的に早くなります。ターンオーバーが早まると保湿機能が十分でない未成熟な細胞が作られてしまうため、さらに乾燥は悪化。肌は弾力やしなやかさを失い、シワができやすくなるのです。

紫外線によるシワ:肌の弾力不足・ハリ不足によってできるシワ

紫外線が肌の乾燥やシワなど、さまざまな肌トラブルを引き起こすことはよく知られています。これは、紫外線を浴びることによって肌内部のコラーゲンやエラスチンが減少し、肌の弾力・ハリが低下するからです。すると、肌がごわつきやすくなったりシワができやすくなったりします。特に気をつけなければならないのは、紫外線A波(UVーA)。肌の内部までじわじわと入り込む性質があるため、長期的な肌ダメージを起こします。

表情ジワ:目尻の笑いシワやほうれい線など、表情クセによってできるシワ

表情の変化や表情をつくるときに肌が折り畳まれることでつくのが、表情ジワです。笑ったときにできる目尻のシワや口周りのシワなどがそれです。10代〜20代など若い頃は肌の弾力性が高いので、表情によって肌が折り畳まれて跡ができてもすぐに戻ります。しかし、年齢とともに折り畳み跡は消えにくくなり、深いシワとなってしまいます。

加齢による女性ホルモンの低下もシワの原因

肌の弾力やハリを保つためのコラーゲンや肌の水分量を増やし、若々しい肌をキープするのに欠かせないのが、女性ホルモンのひとつエストロゲンです。しかし、エストロゲンの分泌量は加齢とともに減少していきます。すると、コラーゲンや肌の水分量も低下し、肌の弾力やうるおいが衰え、シワができやすくなります。

シワを予防・改善するための対策

年齢とともにシワができやすくなるのは自然の摂理。完全にできなくしたり、なくしたりすることは難しいと言えます。ですが、日頃のケアやお手入れによって数が増えるのを予防したり改善したりすることは可能です。

乾燥ジワを予防改善するために、毎日の保湿対策を徹底しよう

シワを防ぐためには、日々の保湿ケアがとても重要です。特に乾燥によって起きる乾燥ジワ対策には保湿ケアが有効。お風呂上がりや洗顔後は、肌の水分が蒸発しないうちにすばやく化粧水をつけましょう。一度にたくさんつけるよりも、数回に分けて肌に浸透させていくのがポイントです。化粧水の後は、乳液・クリームなど油分を含むアイテムでフタをします。特に乾燥が気になるときは、フェイスマスクでスペシャルケアをするのもおすすめです。

また、肌は気温が低いときや部屋の湿度が低下しているときにも乾燥しやすくなります。特に就寝時の湿度には気をつけたいものです。起床時の肌の乾燥やシワっぽさが気になる方は、就寝時の室温や湿度のせいかもしれません。

部屋の最適な湿度は50%〜60%程度といわれています。50%以下になっているときは、加湿器を利用するか、お風呂場にお湯を張ったり濡れたタオルを室内に干したりして湿度を上げるようにしましょう。

紫外線ダメージによるシワを予防改善するために、紫外線対策を徹底しよう

紫外線を浴びると、肌内部の保湿機能が低下し肌の弾力やうるおいが失われてシワができやすくなります。また、紫外線はシワだけでなく、たるみやシミなど肌老化の原因でもあります。紫外線ダメージを防ぐためには、しっかりとUVケアすることが大事です。特に紫外線の強くなる夏場は、家にいるときでも日焼け止めを塗って紫外線から肌を守りましょう。また、今は外出時にマスクをすることがほとんどだと思いますが、マスクをしていても紫外線から肌を完全に守ることはできません。マスクの下もしっかり日焼け止めを塗ることが大事です。

日焼け止めクリームは、シーンに応じてSPF値とPA値を適切に選びましょう。また、汗や皮脂によって流れてしまうことがあるので、数時間おきに塗り直すことも大切です。

・室内にいるとき・短時間の散歩や買い物:SPF20〜30・PA++程度
・屋外でのスポーツや長時間の外出:SPF30〜40・PA+++程度
・炎天下での外出やアウトドア・レジャーなど:SPF40〜50・PA ++++程度

※SPF値:肌の表面に炎症を起こす紫外線B波の影響をどのくらい防ぐか
※PA値:肌の深部に侵入しコラーゲンやエラスチンを壊す紫外線A波をどのくらい防ぐか

このほか、日傘や帽子・サングラスの着用も紫外線対策に有効です。また、紫外線対策をしていてもうっかり日焼けをしてしまったときは、保湿ケアを普段以上に徹底しましょう。

表情ジワの予防改善には、無意識にやってしまう表情の癖に気をつけよう

人は長年の間に気づかないうちに表情をつくるときの癖を持っています。目尻のシワやほうれい線など、表情の癖によってできる表情ジワを予防改善するには、無意識の癖を改めることが大事です。例えば、以下のような表情癖はついていませんか?

  • パソコン作業をしているときに眉をひそめて、眉間にシワができている
  • 物を見るとき目を細めて目尻にシワができている
  • 眠るときに横向きやうつ伏せで寝ていて、顔にシワを作っている

このような癖を改めましょう。また、日常的な動作が表情ジワと同様のシワを刻んでいることがあります。

  • よく頬杖をついて頬にシワを作っている
  • 物を食べるときいつも片側ばかりで噛んでいる

こういった動作の癖も改善するようにしましょう。
このほか、目尻やほうれい線などの目立つシワには、抗シワ効果のあるクリームを塗るのも良いでしょう。クロレラエキス配合クリームの抗シワ効果についてはこちらの研究結果をご覧ください。

「クロレラエキス含有クリームの抗シワ効果」がFRAGRANCE JOURNAL Vol.42 , No2 , 2014 に掲載されました。

まとめ

シワには、乾燥によるシワ・紫外線によるシワ・表情のクセによるシワなど、さまざまな種類があります。今回ご紹介したように、シワの予防改善には保湿ケア・紫外線ケア・無意識の表情クセに気をつけることが大事です。現在はまだそこまでシワが気にならない方も、早いうちからシワ対策を心がけることで10年後・20年後の肌状態が変わってきます。ぜひ今日からシワの予防改善対策をしてみてください。