健康

妊娠期に貧血になりやすい理由と対処法。胎児・出産・産後への影響は?

妊娠期は普段よりもさまざまな体調不良に陥りがちです。中でも多くの人に見られるのが貧血。妊娠期の貧血は、女性の体だけでなくお腹の赤ちゃんに影響を及ぼす恐れもあると言われています。そこで今回は、妊娠期に貧血になりやすい原因と自身の体や赤ちゃんへの影響を解説するとともに、妊娠期の貧血の予防方法や改善方法などについてご紹介します。

妊娠期に貧血になりやすい理由

妊娠中の貧血の多くは鉄分不足によって起きる

貧血とは、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンの量が不足し、体の隅々まで酸素が送れなくなる状態を指します。ヘモグロビンをつくるためには鉄分が必要。体内に鉄分が足りないと、ヘモグロビンが減少して体内に酸素がうまく送られず貧血を起こしやすくなります。こういった症状を鉄欠乏性貧血と呼び、妊娠中の貧血のほとんどがこれに当たるとされています。なお、まれにビタミンB12や葉酸不足によって起きる葉酸欠乏性貧血になる方もいます。

妊娠中に貧血になりやすい理由

・妊娠中は鉄分不足に陥りやすい

前述したように、体の隅々まで酸素を運ぶためには、血液中のヘモグロビン量が十分である必要があります。そしてそのためには鉄分が欠かせません。しかし妊娠中は、鉄分不足に陥りやすくなります。

この理由は、妊娠中は赤ちゃんと赤ちゃんを守るための胎盤に優先的に鉄分が送られるためです。さらに、妊娠すると血液中の液体量が増加し、血液はいつもよりもサラサラした水っぽい状態に。これも鉄分不足の一因と言えます。

特に貧血症状が起こりやすくなるのは妊娠中期にかけて。妊娠超初期は生理が止まることで、かえって鉄分の排出量が減って体内に鉄分が十分にある状態になりますが、その後の体の変化とともに鉄分不足に陥りやすくなっていきます。

・葉酸の欠乏による葉酸欠乏性貧血になることも

妊娠中の貧血症状の多くは、鉄分が不足することで起こる鉄欠乏性貧血ですが、まれにビタミンB12や葉酸が不足することで生じる葉酸欠乏性貧血を起こす人もいます。

貧血症状をチェックする方法

貧血のチェックポイント【貧血で起こりやすい症状】

以下のような症状がある場合、貧血に陥っている恐れがあります。

  • 倦怠感
  • 立ちくらみ
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 動悸
  • めまい
  • 疲れがとれにくい
  • 顔色が悪い
  • 爪の色が白い

このほか、ひどい場合は、けいれんや胸の痛み・息切れなどの症状を引き起こすこともあります。急に倒れてしまう恐れもあるので、外出は避けてかかりつけ医に相談しましょう。

数値で見る、貧血の基準とは?

貧血になると、血液中の赤血球が正常よりも少なくなります。赤血球の量から貧血かどうかを診断する際には、ヘモグロビンやヘマトクリットが指標になります。世界保健機構や日本産科婦人科学会の定義によると、妊娠中の場合は、「ヘモグロビン濃度11g/dl以下、もしくはヘマトクリット33%未満」で貧血と定義されています。

もちろんこの数値は病院での血液検査によってわかるもので、一般の方が自分で知れるものではありません。貧血かどうかの判断は、前項であげたような不調が起きていないかを参考にしてください。

貧血は出産や胎児にどんな影響を及ぼす?

貧血が胎児に及ぼす影響

お腹の赤ちゃんは、子宮内に流れている血液中の酸素を吸収することで呼吸をしています。そのため、お母さんの体が貧血状態だと、赤ちゃんに十分な酸素を送れなくなる恐れがあります。特に妊娠初期の貧血は、赤ちゃんへの影響が心配です。鉄分が赤ちゃんに届くのにはタイムラグがあるため、妊娠初期から中期にかけて貧血状態になっていると、最も成長に大切な妊娠6~10週を栄養不足・酸素不足で過ごしてしまう恐れがあるのです。

そしてその影響として赤ちゃんの健やかな成長が妨げられてしまい、早産や低出生体重児が生まれるリスクが生じます。妊娠初期から中期に貧血だった場合、早産や低出生体重児が生まれるリスクがいずれも1・2倍を超えるという研究結果も出ています。

お母さんの貧血が生まれた後の赤ちゃんに与える影響

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中で生後半年分くらいの鉄分を蓄えます。この理由は、母乳やミルクからも鉄分を得ることはできますがそれだけでは不十分だからです。

しかし、お母さんが貧血で鉄分が足りていないと、当然お腹の中の赤ちゃんも十分な鉄分を蓄えられなくなります。乳児期に鉄が足りていないと、免疫機能障害を招く恐れがあると言われています。免疫機能障害は大人になってからもその影響が長引くことがある疾患です。このリスクを回避するためにも、お腹の中の赤ちゃんに十分鉄分を補給できるよう、お母さんが貧血を改善することが重要です。

貧血が産後のママに与える影響

出産による出血が多い場合、体力回復が遅れる可能性があります。また、授乳によって鉄分がさらに不足するので、倦怠感や疲れが長くとれないことも。

妊娠期の貧血を防ぐ方法

規則正しい生活を

妊娠中はつわりや体調不良で生活リズムが乱れやすくなります。夜中に目覚めてしまったり、反対に日中に強い眠気に襲われたり。ホルモンバランスの影響が強く出る時期なのである程度は仕方ありませんが、できるだけ規則正しい生活習慣を心がけるようにしたいものです。

適度な運動を

貧血予防には、ストレッチや散歩・水泳といった軽い運動がおすすめです。体を動かすことで内臓機能が回復し、鉄分の吸収を高めることができます。

鉄分を食事でしっかり補う

妊娠期の貧血の多くは、鉄分不足が原因です。食事から鉄分をしっかり摂取できるように工夫しましょう。鉄分を多く含む食品としては、豚や牛のレバーや赤み肉・あさり・ほうれん草・小松菜・ひじき・豆乳などが挙げられます。つわりの影響で普段のように食事が取れない方もいるかと思います。そういった方は鉄分の添加されたシリアルや飲み物なども良いでしょう。

また、鉄分の吸収率は、一緒に摂る栄養素によって変わります。特に吸収力が上がるのは、ビタミンCとの組み合わせ。また、酸っぱい物を食べると胃酸が分泌されるので、鉄分の吸収率が高まります。ビタミンCを含み酸味のある食べ物として、レモンやみかんなどの柑橘類・梅干しなどがおすすめです。

このほか、鉄の吸収を妨げるタンニンの摂取も控えるようにしましょう。タンニンはコーヒーや紅茶・緑茶・烏龍茶などに含まれています。コーヒーやお茶類はカフェインも多いので妊娠中は避けている人が多いかとは思いますが、鉄分吸収の面からもこういった飲み物を控えるよう、あらためて意識しておきましょう。

サプリメントでの栄養素を補給する

鉄分を食事だけで補いきれない場合は、サプリメントの服用もおすすめです。クロレラの妊娠期貧血の予防効果については、こちらをご覧ください。

妊娠時の貧血やタンパク尿に対するクロレラの予防効果に関する研究成果が 学術誌「Plant Foods for Human Nutrition」に掲載されました

症状がひどい場合は病院で相談を

生活習慣や食事の改善をしても貧血症状が治らない場合や、倦怠感や疲労感がひどい・ふらつきやめまいを頻繁に感じるといった場合は、早めに病院で検査を受けましょう。病院では、鉄剤の処方や食事指導を行っています。不安がある方も健診の際に相談してみると良いでしょう。

まとめ

妊娠期の貧血は、多くの妊婦さんに見られる症状です。放置しておくと、ご自身の体調不良だけでなく、お腹の赤ちゃんに十分な酸素を送れなくなるなどさまざまなリスクを招く恐れもあります。特に普段から貧血気味の方は注意が必要です。適度な運動や規則正しい生活・栄養バランスのとれた食事をあらためて意識し、妊娠期の貧血を予防改善しましょう。